冨岡弘文税理士事務所
税理士コラム
会社設立
顧問税理士&月次業務
確定申告
個人事業支援
相続
service_next.html
事務所概要 業務案内 税理士紹介 スタッフ紹介 無料相談案内
 
会社の税金・会社経営
 

帳簿書類、9年間も保存が必要!?

法人税の改正のお話です。

青色申告書を提出した事業年度に生じた欠損金は、
翌事業年度以降に繰越して控除することができます。

これまでは繰越期間が7年でしたが、
平成20年(2008年)4月1日以後に終了した事業年度で生じた欠損金から、
繰越期間が9年に延長されました

3月決算法人の場合でいいますと、
平成21年(2009年)3月期の欠損金からです。


ただし、気を付けなければいけないことがあります。

それは、帳簿書類の保存期間です。

欠損金の繰越控除の適用を受けるためには、
その欠損金が生じた事業年度の帳簿書類を
保存している必要があります。

ですので、通常は7年間の保存期間ですが、
9年前・8年前の事業年度で欠損金が生じていた場合には、
9年間の保存が必要になります。

うっかり処分してしまわないように、気を付けてください。


税理士 澤

  line


無料相談実施中


 面談相談無料キャンペーン実施中
トップページ | 法人設立顧問税理士&月次業務確定申告個人事業支援相続経営セミナー「NEXT」 | プライバシーポリシー
走る税理市のブログ

メディア情報

走る税理市のブログ

冨岡会計スタッフブログ

よくあるご質問にお答えします

超実践型経営セミナー

スタッフ紹介

税理士コラム

お客様紹介

冨岡会計だより


あなたの町の法人設立相談所

対応地域
 東京都内
 (八王子市・町田市)
 神奈川県内
 ( 横浜市・川崎市・横須賀市・
 鎌倉市・逗子市・三浦市・
 相模原市・厚木市・大和市・
 海老名市・座間市・綾瀬市・
 平塚市・藤沢市・茅ヶ崎市・
 愛川町)
 上記以外
 経理、記帳、決算、確定申告など
 パソコン会計で対応致します。