冨岡弘文税理士事務所
税理士コラム
 
会社の税金・会社経営
 

節税は義務。脱税は犯罪。

経営者は利益を上げて会社をよくしなければなりません。
会社をよくするというのは 株主により多くの配当をするとか社員により多くの給料を払うとかの為のいわゆる内部留保を
多くすると言うこと。

賢く節税をして 出てゆくお金を少なくするということも 内部留保を多くするという点では重要です。
毎期の税金の支払いを きちんと正しく節約することは経営者の重要な役目です。実際殆どの経営者は節税について
強い興味を持っています。

しかし、本来の意義を正しく理解していない人が多いようでもあります。その場限りの課税回避を「税金が安くなった」と
勘違いしたり、税金を減らしたいばかりに 余計なお金を使って結局資金に困ったり。最悪なのは
事実と違う経理によって脱税をすることです。脱税は犯罪であり社会的な制裁が下されることは 甘く考えてはなりません。

一方では 法律が認める処理について知識がないばっかりに 余計な税金を支払っているケースも多いです。

経営者は会社の経理や税務申告において最も自社の税金が少なくなる方法を選択し、
正しく節税を図る努力をしなければなりません。

  line


無料相談実施中


トップページ | 法人設立顧問税理士&月次業務確定申告個人事業支援相続経営セミナー「NEXT」 | プライバシーポリシー