冨岡弘文税理士事務所
税理士コラム
 
個人事業者の税金
 

個人 青色申告の特典 青色専従者給与の必要経費算入

事業を営んでいる青色申告者と生計を一にする配偶者、その他の親族(その年12月31日で年齢が15歳未満の人を除きます)で
、「もっぱら」その事業に従事している方に給与を支払っている場合にその給与の金額は、

1.その労務に従事した期間、労務の性質および労務提供の程度、
2.他の使用人が支払いを受ける給与の状況、世間一般のその事業における その給与の相場、
3.事業の種類、規模および収益の状況などからその労務の対価として相当であると認められるものについては、
その支払った金額を必要経費とすることが出来ます。

※所得税法では 家族に払ったお金は経費に出来ないというのが大原則なのです。
(同一生計の場合)
これは その原則の例外規定です。
※「もっぱら」というのは 他にお勤めがあったり学生だったりするとダメということです。

同一生計の親族へ支払う家賃などは 経費になりません。

※青色事業専従者として給与の支払いを受ける方は、その金額にかかわらず配偶者控除、扶養控除などの対象とはなりません。

※青色事業専従者給与については、届出をすることにより必要経費に参入することが認められます。

  line


無料相談実施中


トップページ | 法人設立顧問税理士&月次業務確定申告個人事業支援相続経営セミナー「NEXT」 | プライバシーポリシー