冨岡弘文税理士事務所
税理士コラム
 
個人の税金
 

緩和された「青色申告特別控除額の制限」

「青色申告特別控除額」の制限がゆるくなりました。
(平成23年分以後の所得税からです。)

青色申告特別控除とは、青色申告の特典の一つで、
一定の要件を満たした場合に、
所得金額から最高65万円又は10万円を控除するというものです。

65万円の控除については、
「当初申告の確定申告書に記載した金額を適用上限とする」
という規定があったのですが、これが廃止されたのです。


例えば、個人事業をしていて、
その年の収入が1000万円、経費が980万円で、
差引き20万円の利益が出たとしましょう。

青色申告特別控除額の65万円の枠のうち、20万円を使って、
「事業所得は”0”」という申告を、確定申告の期限内にします。

その後、経費を計上しすぎていたことに気づき、
修正申告をすることにしました。
正しくは、収入が1000万円、経費が900万円で、
差引き100万円の利益だったのです。

最初に申告したときには
20万円しか青色申告特別控除額を使いませんでしたが、
修正申告では65万円をまるまる使いたい。

以前は、これができなかったのです。
つまり、修正申告で利益が増えても、
最初の申告で使った20万円しか控除できませんでした。

それが、今回、制限がゆるくなったことで、
65万円を控除できることになったのです。



税理士 澤

  line


無料相談実施中


トップページ | 法人設立顧問税理士&月次業務確定申告個人事業支援相続経営セミナー「NEXT」 | プライバシーポリシー