冨岡弘文税理士事務所
税理士コラム
 
個人の税金
 

夫婦で建てたマイホーム。贈与税にご注意を!

会社で社会で、女性の労働力の重要性はとても高いものとなりました。家庭でも夫婦で収入があれば、家計は助かる。
共稼ぎ夫婦がマイホームを購入する場合、購入資金を奥さんも負担するケースは少なくないでしょう。
ただし、この場合に気を付けなければならないのは、購入資金の負担割合と所有権登記の持分割合が異なる場合、
贈与税の問題が生ずることがあるということです。

たとえば、総額1億円の高級マンションを購入し、その資金を夫が7千万円、妻が3千万円を負担した場合。このケースで、
登記ではそれぞれの所有権をそれ ぞれの持分を2分の1すると負担割合と持分割合に違いが生じます。
つまり、登記上の持分を金額にすると1億円の2分の1で、5千万円となります。

ところが、実際に妻が出した金額が3千万円。その差額の2千万円については、夫から妻へ贈与があったことになるのです。
知らないでいると、高額な贈与税にびっくりです。
このようなケースでは、資金の負担割合と所有権登記の割合を同じにしておけば贈与税の問題を避けることが出来ます。
  line


無料相談実施中


トップページ | 法人設立顧問税理士&月次業務確定申告個人事業支援相続経営セミナー「NEXT」 | プライバシーポリシー