冨岡弘文税理士事務所
税理士コラム
 
個人の税金
 

入院費よりも入院保険金の方が多かったら?(医療費控除の話)

入院をすると医療費がかさみます。
「確定申告で医療費控除を受けよう」と考えておられる方は、
保険金や高額療養費などを受け取っていないかも忘れずに確認しましょう。

「医療費控除の対象となる金額」を計算するときに、
支払った医療費を補てんする保険金等の金額がある場合には、
その金額を差し引くこととされています。

入院にかかった費用よりも、入院してもらう保険金の方が多い
ということがありますが、こんなときは、注意が必要です。

保険金などで補てんされる金額は、
「その給付の目的となった医療費の金額を限度」として差し引きます。
引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費から差し引く必要はないのです

例えば・・・

支払い  :「入院費20万円」と「歯の治療費15万円」
受け取り :保険会社から「入院給付金30万円」

入院費から入院給付金を引ききれませんが、引ききれない10万円を歯の治療費から差し引く必要はありません。


なお、確定申告書を提出する時までに、保険金等の額が確定していない場合でも、見込額を差し引くことを忘れずに。


税理士 澤

  line


無料相談実施中


トップページ | 法人設立顧問税理士&月次業務確定申告個人事業支援相続経営セミナー「NEXT」 | プライバシーポリシー