冨岡弘文税理士事務所
税理士コラム
 
個人の税金
 

相続人がいないときは?

少子化や晩婚化が進んでいますので、
「相続人となる方がおられない」
といったケースが増えてきているのではないでしょうか。

もし、相続人が誰もいないときは、
自分がいなくなった後の財産はどうなるのでしょう。

相続人もいないし、
特別の縁故があった人もいない場合には、
財産は国のものになります。

「お世話になったあの人に、自分の財産を譲りたい・・・」
そんなときは、感謝の気持ちを込めて、
遺言書を作成しておくというのも一つの方法です。

税理士 澤



  line


無料相談実施中


トップページ | 法人設立顧問税理士&月次業務確定申告個人事業支援相続経営セミナー「NEXT」 | プライバシーポリシー