冨岡弘文税理士事務所
税理士コラム
 
個人の税金
 

遺言書の勧め その1

遺言書は、資産家の人が作っておくものでしょうか?

決して、そんなことはありません。

お子様がおられないご夫婦で、ご自分の遺産を
全て配偶者に残したいと思っておられる方には、
遺言書がとても有効です。

両親が既に他界していれば、自分の相続人は、
配偶者と自分の兄弟姉妹です。
不動産を配偶者の名義に変えるのにも、
預金を配偶者が引き出すのにも、
兄弟姉妹の印鑑が必要になります。

でも、「全ての財産を配偶者に相続させる」
という内容の遺言書を作っておけば、
配偶者に、兄弟姉妹の印鑑をもらいに行く
苦労をかけずにすみます。

また、夫婦二人で築いてきた財産が、
兄弟姉妹に渡ることも防ぐことができます。


税理士 澤

  line


無料相談実施中


トップページ | 法人設立顧問税理士&月次業務確定申告個人事業支援相続経営セミナー「NEXT」 | プライバシーポリシー