冨岡弘文税理士事務所
税理士コラム
 
個人の税金
 

遺産分割をやり直すときはご注意を!

相続が起こったとき、遺産をどのように分けるかを相続人全員で話し合うことを、『遺産分割協議』といいます。

一旦は遺産分割協議が成立したものの、「やっぱり、分け方を変えよう。」という話になることもあると思います。

相続人全員が合意すれば、遺産分割協議は、やり直すことができます。

ただし、税務上は注意が必要です。
遺産分割のやり直しは、贈与や交換をしたものとして課税されてしまうからです。

例えば、
最初の遺産分割協議で、土地Xを、相続人Aさんが相続することにしました。
その後、遺産分割協議をやり直して、土地Xは、相続人Bさんが相続することにしました。

このような遺産分割のやり直しは、相続人全員が合意すれば、有効です。

でも、税務上は、相続人Aさんが、いったん自分のものになった土地Xを、相続人Bさんに対して贈与したことになり、贈与税が課税されるのです。

税理士 澤

  line


無料相談実施中


トップページ | 法人設立顧問税理士&月次業務確定申告個人事業支援相続経営セミナー「NEXT」 | プライバシーポリシー