冨岡弘文税理士事務所
税理士コラム
 
個人の税金
 

自分の医療費だけを申告していませんか?

所得税確定申告、賢く税金を取り戻そうとはりきる場合もあるでしょう。その主役が医療費控除です。

そこで、よく訊かれるのが「誰の」医療費控除となるのか?法律ではあくまで「支払った場合」控除が受けられます。

医療費控除は、自分だけでなく、生計を一にする配偶者やその他の親族にかかる医療費も適用が受けられるため、
家族全員分の医療費の領収書をかき集める事になります。

家族の中にお父さんの他に収入がある家族がいる場合他の家族の医療費も負担する事があります。

医療費を負担された側に収入がある場合、負担した側で医療費控除は出来ないのではないかと思いがちだが、
これは間違いです。

医療費控除の取り扱いでは、医療費を負担された配偶者や親族について所得に制限は設けられていません。

稼ぎのある奥さんのために支払った医療費であってもあくまでも「支払った人」の所得から控除されることになります。

家族で一番税金を払っている人が 家族の医療費を支払っているのかどうかは家族の話です。

  line


無料相談実施中


トップページ | 法人設立顧問税理士&月次業務確定申告個人事業支援相続経営セミナー「NEXT」 | プライバシーポリシー