冨岡弘文税理士事務所
税理士コラム
 
個人の税金
 

離婚で子供は元妻と・・・。〜親権者と扶養家族との関係〜

熟年離婚が急増し、離婚も年齢に関係なく、もはや珍しくも無い。
ただ、子供が小さい場合、子供への影響は大きい。

父親か母親のどちらかが親権者となり、一緒に暮らす事になるが「子供は元妻が引き取り、毎月、養育費を送っている」と
いう人は多いだろう。

税務上は、このようなケースで、父親が子供を自分の扶養親族とすることがどうか?
気になるところである。

父親が子供の養育費の大部分を送金して、なおかつ 母親が子供を自分の扶養親族にしていない場合に子供は
父親の扶養親族とすることが出来る。

扶養親族とは 所得金額が一定額以下でその納税者と 『生計を一』にする親族であることが条件。

そして、『生計を一』かどうかは 日常生活の共同体がどうか、お金がどこから出ているかが問題となる。

父親が 子供の生活費の大部分を送金しているのであれば『生計を一』と認められ、父は子供を扶養親族とすることが出来る。

・・・ただし、子供は 母と父 両方の扶養親族とはなれない。

  line


無料相談実施中


トップページ | 法人設立顧問税理士&月次業務確定申告個人事業支援相続経営セミナー「NEXT」 | プライバシーポリシー