冨岡弘文税理士事務所
税理士コラム
 
個人の税金
 

利息払うだけでは済まない!期限後申告。

さて、考えるのも恐ろしいですが期限を過ぎて申告した場合はどうなるのでしょうか?
一般の方はまず「余計な税金が増えるのでは?」と心配ですよね?

はい、その通りです。ハッキリ言ってもったいないです。

罰金等についてはあとで説明するとして税理士的にはもっと重要な事があります。

・ 税金の申告に当たっては 「選択すると有利となる特例」があります。青色申告の65万円の控除や、
居住用財産を売った場合の損失の取り扱いなど「期限内申告」が前提条件となっています。遅れちゃだめ。

・青色申告承認の取り消し理由になります。(期限に間に合わないという事は きちんと経理ができていないということですから)

青色で無くなると 赤字の繰越ができなかったり、専従者給与ができなかったり結局税金が増えることになると思われます。

・期限後申告は、延納制度を利用できません。かといっていいかげんにとりあえず出しておくというのも問題です。

住宅取得の「ローン控除」などはもともとの申告書に記載が無ければ記載が無かった「年」の申告については
あとからお願いしても受けられません。

  line


無料相談実施中


トップページ | 法人設立顧問税理士&月次業務確定申告個人事業支援相続経営セミナー「NEXT」 | プライバシーポリシー