冨岡弘文税理士事務所
税理士コラム
 
個人の税金
 

まとめて払った年金保険料は、まとめて控除しましょう。

社会保険庁のお粗末は「犯罪」発覚のレベルとなっていて、詳しいコメントも体力のあるときに譲る事にします。

一方、というか 「だから」か?年金の不払いも問題です。

社会保険庁も納付を呼びかけるものの力は入らない。国民の意識は下がりきっていますからねー

ところで、確定申告では、本人や配偶者または生計を一にする親族の社会保険料を支払った場合には、
支払った金額は社会保険料控除として所得控除を受ける事ができます。

この場合の控除額はその年に実際に支払った金額、給料から差し引かれた金額となる。

ところで、過去に未払いだった年金をまとめて納めた場合にはどうなるのか?何年分もが全額その年度の
社会保険料控除の対象となるのか?

この場合、過去の保険料であってもその年中に支払ったものは全額がその年の社会保険料控除の対象金額となります。

  line


無料相談実施中


トップページ | 法人設立顧問税理士&月次業務確定申告個人事業支援相続経営セミナー「NEXT」 | プライバシーポリシー